まずは原因を取り除く!スキンケアは守りに徹して

基本的な保湿ケアだけに留めよう

肌が赤い・ヒリヒリする・かゆみがある・ニキビや湿疹といった、肌荒れを起こしている場合、まずは肌荒れを起こしている原因を取り除いて症状を落ち着かせ改善することが必要です。肌荒れしてしまうと、ついつい色々なスキンケアを使って早く症状を解消したいと考えてしまいがちですが、まずは守りのスキンケアに徹して原因を取り除くことから始めましょう。 守りのスキンケアではシンプルなケアをするのが基本です。洗顔後、化粧水で保湿をしてから与えた水分が逃げないよう、乳液やクリームで蓋をします。この時、使うスキンケアアイテムも無添加のものなど肌への刺激が少ないものを選ぶのがポイントです。肌荒れが起こったら、守りのスキンケアを続けてみて、肌に変化が出ないかをまずはチェックしてみましょう。

攻めのスキンケアは中止しよう

美白ケアやアンチエイジングケアなど、スキンケアで自分が理想としている肌作りをするのは、当たり前の時代となりました。美容液やパックなどを使って攻めのスキンケアをしている人も、多いのではないでしょうか。ただ、攻めのスキンケアは肌荒れが起こっている時は、一旦中止することをおすすめします。

普段は特に問題なくても肌荒れしている時に、攻めのスキンケアをしてしまうと肌への刺激となり、余計に肌荒れが悪化してしまうケースもあるためです。特に美白成分は肌への刺激が強いものもあるので、美白ケアは肌荒れしていたらストップするのがベストです。基本的な保湿ケアだけに留めて肌の状態が落ち着いたら、少しずつ美容液やパックなどのスキンケアをプラスして様子を見ると良いでしょう。